整体横浜・鶴見 首脳整体-blog

|

Just another 首脳整体 weblog

Archive for the ‘横浜 整体’ Category

鶴見 整体

木曜日, 7月 19th, 2012

『治療職人』の母校の長生館(長生学園)在学中に学んだ

『プラーナ療法』・・・ トウトウ、一・二分で ここまで進化した。

画像
画像

 上部頸椎調整後であるが『プラナー』だけでも

画像

ここまでできる実証は 今後の日本にかなり貢献できるのでは

。。。まだまだ探求しますのでヨロシク!

首脳整体・横浜鶴見とSカイロ横浜鶴見

木曜日, 11月 17th, 2011

横浜・鶴見「首脳整体」では、上部頚椎の機能的な問題によって引き起こされる症状(腰痛・肩の痛み・頭痛・膝の痛みなど)の治療を意味します。要するに上部頚椎を治療するテクニックの一つとして捉える考え方を根源に施行します。【首(上部頸椎)を軸に脳(脳幹)が整った体にする機能をより強化する治療法です。】

一方、「Sカイロ横浜・鶴見」は、本流のカイロプラクティック→上部頸椎カイロプラクティック(スペシフィック)を実践しております。病気や症状を治療するといった従来の医療とは全く異なる人間が教育で得た医学知識でそれらを治療するのではなく、身体の不調の原因である上部頸椎におけるサブラクセーション(神経圧迫)をアジャストメント(調整)し、イネイトという「生命を司る内在する力」が治療し、健康となり最終的には、辛かった「肩こり・腰痛・手足のしびれ等」のあらゆる自覚症状が根本から改善します。カイロプラクティックの哲学を臨床で表現する事を根底に実践します。

ふくろう整体

日曜日, 9月 11th, 2011

Sカイロプラクティック横浜・鶴見の新企画

跡が付きにくい『シリコン』タイプを使用

※施術時間は40分~1時間30分位です.

 

今回、横浜・鶴見の首脳整体では、期間限定で 上部頸椎の調整施術を軸に 業界最高位の首脳整体に数千年の歴史をもつ静かなブームをもちつつけている療法を併用した新療法を特別料金でご提供いたします。 たぶん 皆様も『あ~知ってる でも やった事ない・・・』という療法です。
ご存知の マッサージ・指圧 等の押す圧力とは逆の 特殊器具を皮膚に吸着させ吸引する事によって身体の深層部(深層筋)・疲労物質 等を吸引する療法です。 そして この治療の最大の特徴は 血液の浄化と血行促進です。

※吸引する事により多少皮膚に跡が残る場合がございますがいやな方は最初に言っていただければ、多少効果は下がりますが残らないように シリコン製で対応もできます。

血行促進(血液の循環を上げることにより

冷え性改善

頑固な肩や腰の痛み等の改善

皮膚の新陳代謝が高まり若さや肌の張りを保つ

取れにくい、むくみの改善

慢性疲労の緩和

・・・など Sカイロらしい、全身にアプローチのをかける治療法です。

その他 身体に関するお悩みに応じた施術方法が多々ありますのでお試しください。

上記内容に対する ご質問、お問い合わせは 火・木・土・日の診療日に お願いいたします。

専門スタッフが対応させていただきます。

上部頸椎カイロプラクティック

木曜日, 1月 6th, 2011

謹賀新年。

夢のサイドポスチャー(上部頸椎調整専用ベッド)の製作が

おくれているみたいである。 どうもパーツが2個ほど揃わない

らしい! 当院では もう一台サイドポスチャーを導入するには

大幅なオフィス(治療室)のレイアウトの変更が必要になる為、

今のところ 10年使用した。アメリカ製の大学の先生みたいな

机・・・(空の状態で100kg以上ある)は 廃棄処分する予定。

なにしろ10年以上探し求めた 幻のBJ105・・・を上部頸椎の

スペシャリストの先生方の意見を参考に現代版に改良する

BJ105改であるので。。。。。。。。。。。

『リツゲン』の願いは、このベッドと以前から使用しているロイド

製のと 2トップでアジャストし 患者様の

健康改善をより 手助けできれば本望である。

画像

上部頸椎カイロプラクティック

木曜日, 12月 9th, 2010


この画像は 1週間程前に送られてきたものであるが『まだ公表前』なので

公開を控えていたが この間の名古屋の親睦会で公開可能となった。

しかし、まだ 製作途中との事、『リツゲン』が 特に注目しているのは、ドロップ

するミリmm数である。 幻のBJ105は 12mm位であるが

当院も使用している現在主流となっているロイド製の上部頸椎調整専用ベッド

は受注生産でアメリカから届いた時のままでは?状態で改造が必要である。

最近、『リツゲン』のロイド製の上部頸椎調整専用ベッドは3段階可変可能で

①1~2mm、② 5~6mm、③12mm~13mm

①は国民整体専用で、②と③は Sカイロプラクティック横浜鶴見

と首脳整体で使用している。

『リツゲン』は 製造元に以前から 若干 しつこい程 ドロップmm数の確認を

問い合わせた。 ところが名古屋での中間報告では 可変可能で製作中との事!

鶴見 整体

月曜日, 1月 18th, 2010

脳脊髄液は、脳と脊髄神経を覆っている液体のことです。頭蓋骨のすぐしたには脳があり、そこから出ている脊髄神経は首から仙骨までの脊椎の中を走っています。
この脳と脊髄は髄膜に覆われていて、この膜の間を脳脊髄液が循環しているのです。 髄膜三層の膜から構成されており、一番外側が硬膜、くも膜、最も内側が軟膜となっています。
そして脳脊髄液は、このくも膜と軟膜の間のくも膜下腔というわずかな隙間を循環しています。 そして、この一番外側の硬膜というのは頭蓋骨や椎骨がわずかの単位でズレたりすると、歪を生じてしまい、くも膜下腔を流れてい る脳脊髄液の循環が悪くなってしまいます。
この脳脊髄液は、中枢神経にとって、代謝機能を司る重要な液体です。すなわち、中枢神経に栄養分を運んだり、 老廃物を取り去るなどして、重要な新陳代謝を助ける役目をしています。
この脳脊髄液が循環不良を起こす事があれば、神経障害となって現れていきます。 そして、循環不良を起こす大きな原因は、脳脊髄液の管の役割を果たしている硬膜が、首から下の椎骨にあっては脊椎骨のミリ単位のズレによって 、あるいは頭蓋骨内にあっては頭蓋骨のミリ単位以下のズレによって、歪みを生じるところにあります。

http://www.schiro-yokohama.com/