整体横浜・鶴見 首脳整体-blog

|

Just another 首脳整体 weblog

横浜・鶴見 首脳整体

12月 28th, 2009 at 17:21

福田・安保理論
 「福田-安保理論」の柱は「自律神経が白血球のバランスを支配している」というものです。
 自律神経とは自分の意志とは無関係に働く神経で、交感神経と副交感神経の2つからなります。2つの自律神経はお互いがシーソーのように働き、どちらか一方が優位になると片方は働きが低下します。
 交感神経は日中に優位になり、体を活動的にします。働いているときや勉強しているときなどに優位になり、アドレナリンの分泌を即し、血管を収縮させます。
 一方の副交感神経は休息時や夜間に優位になり、体をリラックスモードにします。副交感神経は、アセチルコリンを分泌し、血管を拡張させます。
 この2つの神経がバランスよく働くことで、私たちは健康に過ごせるのです。
 白血球とは、血液中を流れる細胞で、私たちを病気から守る「免疫」というシステムの主役となって働く細胞です。
 白血球は大きく分けると顆粒球とリンパ球に分けられます。顆粒球は細菌などのサイズのが大きな異物から身を守るための細胞で、リンパ球はウイルスなどの小さな異物やガン細胞などを排除する働きをする細胞です。
 どちらも大切な役割を果たしますが、顆粒球が増え過ぎるとウイルスやガン細胞に対処できなくなり、リンパ球が増え過ぎると細菌による感染症にかかりやすくなります。
 この顆粒球とリンパ球の割合は、自律神経の働きによって決められているのです。

Comments are closed.