整体横浜・鶴見 首脳整体-blog

|

Just another 首脳整体 weblog

鶴見 整体

1月 18th, 2010 at 13:58

脳脊髄液は、脳と脊髄神経を覆っている液体のことです。頭蓋骨のすぐしたには脳があり、そこから出ている脊髄神経は首から仙骨までの脊椎の中を走っています。
この脳と脊髄は髄膜に覆われていて、この膜の間を脳脊髄液が循環しているのです。 髄膜三層の膜から構成されており、一番外側が硬膜、くも膜、最も内側が軟膜となっています。
そして脳脊髄液は、このくも膜と軟膜の間のくも膜下腔というわずかな隙間を循環しています。 そして、この一番外側の硬膜というのは頭蓋骨や椎骨がわずかの単位でズレたりすると、歪を生じてしまい、くも膜下腔を流れてい る脳脊髄液の循環が悪くなってしまいます。
この脳脊髄液は、中枢神経にとって、代謝機能を司る重要な液体です。すなわち、中枢神経に栄養分を運んだり、 老廃物を取り去るなどして、重要な新陳代謝を助ける役目をしています。
この脳脊髄液が循環不良を起こす事があれば、神経障害となって現れていきます。 そして、循環不良を起こす大きな原因は、脳脊髄液の管の役割を果たしている硬膜が、首から下の椎骨にあっては脊椎骨のミリ単位のズレによって 、あるいは頭蓋骨内にあっては頭蓋骨のミリ単位以下のズレによって、歪みを生じるところにあります。

http://www.schiro-yokohama.com/

Comments are closed.